なぜ安いの?新幹線+ホテルパックのメリット・デメリットをわかりやすく解説

新幹線+ホテルパックはなぜ安いのか

鉄道会社の旅行プランには、「新幹線の往復きっぷ+ホテルの宿泊」がセットになったツアーがあります

新幹線パック-予約画面

こちらの会社で予約できますね。

新幹線パックが予約できる旅行会社一覧
JTB
出典:JTB
会社商品名
JTBダイナミックパッケージ
日本旅行JR・新幹線・宿泊セットプラン
近畿日本ツーリストダイナミックパッケージ
JR東海ツアーズ新幹線ダイレクトパック
びゅうトラベルダイナミックレールパック
東武トップツアーズスゴ得、国内ツアー
HISJTBのプランを掲載
楽天トラベル日本旅行のプランを掲載
じゃらん日本旅行のプランを掲載
新幹線パックの主な商品

各社で商品名は変わりますが、基本は全て同じサービスです。好きな列車とホテルを自由に組み合わせできます(飛行機も可)。

基本的に新幹線とホテルを個別に予約するより随分と安いのですが、なぜ安いのか?

ここでは、その理由メリットデメリット(制約)をわかりやすく解説します。予約前の参考にどうぞ。

目次

新幹線パックの5つのメリット

新幹線パックのメリット

新幹線パックの主なメリットはこちらの5つです。

  • 個別予約よりも安い(理由も解説)
  • 予約がとても楽
  • 一部プランは選べる体験が無料で付いてくる(約1,000円〜1,500円分)
  • 6ヶ月前から予約できる
  • 旅行期間も自由に選べる(日帰り〜14日間)

では、簡単に解説します

個別予約よりも安い(理由も解説)

新幹線パック-予約画面

新幹線パックはとても安いです。新幹線・ホテルを個別に予約した料金とパックの料金を比べると、このような結果に

東京〜大阪の往復きっぷ+駅前ホテルへ1泊2日した例(平日:素泊まり)

予約会社新幹線代宿代合計
楽天トラベル
(個別予約)
29,940円6,000円35,940円
じゃらん
(個別予約)
29,940円7,500円37,440円
一休.com
(個別予約)
29,940円6,745円36,685円
JTB
(パック)
全てプランに含む28,300円
東武トップツアーズ
(パック)
全てプランに含む28,300円
日本旅行
(パック)
全てプランに含む29,100円
近畿日本ツーリスト
(パック)
全てプランに含む31,200円
JR東海ツアーズ
(パック)
全てプランに含む28,300円
びゅうトラベル
(パック)
全てプランに含む35,100円
新大阪駅前の「プラザオーサカ」に1泊した例

あくまで一例ですが、ホテル代が無料になるほどです。各旅行サイトの特徴はこちらで解説してるので、参考にどうぞ。

新幹線パックが安い理由を解説

新幹線の席は、下記のように混む時間と空く時間があります。要するに席がたくさん余ってる時間帯があるわけですが、

新幹線の混雑率(のぞみの例)
7:11
60%
7:56
40%
8:18
30%
8:24
30%
8:41
20%

新幹線パックは、この空いている時間帯の席をホテルとの割引セットで販売する商品です。

そのため、券売機や窓口で買う正規の切符と違い、予約できる時間帯が少し限られるので要注意ですね(後ほどデメリットでも解説)。

新幹線パックの乗車時間の例
出典:日本旅行

とはいえ、乗車時間に問題がなければ、とてもお得です。ホテルで変な部屋に案内される様なことも一切ないので、ご安心を。

予約がとても楽

新幹線パックは「きっぷを予約して、宿を予約して…」という手間がありません。キャンセルも一括です。

また、ディズニー・USJ等の入場チケット付きプランもあり、とても人気です。

選べる体験が無料で付いてくる(1,000円〜1,500円分)

東海ツアーズ-ずらし旅
出典:JR東海ツアーズ

新幹線パックの一部には「ずらし旅・選べる体験付き」というプランがあります。こちらのページで予約・絞り込みできますが、旅行先で何か体験したい方にとてもお勧めです。

例えば、こちらは日本旅行さんのプランですが、実際に選ぶと、

ずらし旅-日本旅行
出典:日本旅行

基本プランに下記のようなサービスが無料で付きます(約1,000円〜1,500円分)。

ずらし旅:選べる体験の例
ずらし旅
出典:ずらし旅|JR東海
  • 展望台・水族館・美術館・お城・水上バスなどの無料体験チケット
  • 現地で人気のデザート・お土産・グッズ・朝食セットが無料になる等

体験内容は旅行先で変わり、2つ〜3つの中から自分の好きな体験が選べます。

京都のソフトクリーム

現地での楽しみが増えて、とてもおすすめです。

なぜ無料なの?

閑散期(暇な時期)を少しでも減らすための割引イベントですね。

観光業は現地にお客さんがこないと利益になりません。とはいえ、暇な時期は、何か+αを提供しないと、中々みんな旅行してくれない…そこで登場したのが、「みんなと時間ずらして、お得に旅しない?」という「ずらし旅」です。

「安くするから、空いた時期・時間にも旅行してよ!」というわけですね。

このような特徴があるので、混雑率によって対象プランは変わります。実際、土日・祝日よりも平日の方が対象になることが多い印象です。

新幹線パックは6ヶ月前から予約できる

カレンダー

通常、JRのきっぷは乗車日の1ヶ月前から販売されますが、新幹線パックは乗車日の6ヶ月前、早いプランは1年前から予約できます

各社の予約開始時期・一覧
公式サイト(リンク)予約開始日
JTB基本は宿泊日の185日前(約6ヶ月)から可
「お部屋タイプお約束」プランは364日前(約1年)から可
東武トップツアーズ宿泊日の6ヶ月前から可
日本旅行宿泊日の6ヶ月前から可
近畿日本ツーリスト宿泊日の10ヶ月前から可
JR東海ツアーズ宿泊日の1ヶ月前から
びゅうトラベル宿泊日の1ヶ月前から
楽天トラベル
(日本旅行のプランが掲載)
宿泊日の6ヶ月前から可
じゃらん
(日本旅行のプランが掲載)
宿泊日の6ヶ月前から可

大型連休に向け、早めに予定が立てられるのはメリットですね。

旅行期間が自由に選べる(日帰り〜14日間まで)

カレンダー

旅行の期間は自由に選べます。日帰りもできますし、1泊だけして帰りの新幹線を先へ伸ばす1泊3日〜5日も可能。

例えば、旅行の初日だけ新幹線パックでホテルを予約し、翌日は近くの実家に泊まったり、別の会社でホテルを個別予約!なんてこともできます。

自由なのが良いですね。

新幹線パックの7つのデメリット(制約)

新幹線パックのデメリット

ここからは、新幹線パックのデメリット(制約)を解説します。主に下記の7つです。

  • 新幹線の乗車時間が少しだけ限定される
  • 宿の種類が少し限定される
  • 一部の会社は座席番号まで指定できない
  • 事前予約が必須、締め切りは出発前日の夜まで
  • 選べるのは指定席のみ、自由席はなし
  • プランによっては、乗り遅れで即キャンセル扱いに
  • 会社によっては、あまり安くない

では、詳しく解説します

新幹線の乗車時間が少しだけ限定される

新幹線パックの乗車時間の例
出典:日本旅行

新幹線パックが安い理由でも触れましたが、改めて解説します。

新幹線の席は、下記のように混む時間帯と空く時間帯があります。つまり…たくさん余る時間帯があるわけですが、

新幹線の混雑率(のぞみの例)
7:11
60%
7:56
40%
8:18
30%
8:24
30%
8:41
20%

新幹線パックは、この余っている席を割安に販売してます。

そのため、券売機や窓口で買う正規の切符と違い、乗車できる時間帯が少し限られる(1時間ごとだったりする)ので要注意です

新幹線パックの乗車時間の例
出典:日本旅行

とはいえ、予約時間に問題がなければ、とてもお得です。ホテルで変な部屋に案内される様なことも一切ないのでご安心を。

宿がほんの少し限定される

ホテルのベッド

全ての宿が予約できるわけじゃありません。こちらは各社で予約できるホテルの数を「大阪府全域」で絞り込んだ例です(時期により変動)。

予約会社対象ホテル件数
楽天トラベル
(個別予約)
747件
じゃらん
(個別予約)
168件
一休.com
(個別予約)
289件
JTB
(パック)
314件
東武トップツアーズ
(パック)
58件
日本旅行
(パック)
366件
近畿日本ツーリスト
(パック)
195件
JR東海ツアーズ
(パック)
122件
びゅうトラベル
(パック)
109件
大阪府全域で絞り込んだ例

決して少なくはないですが、宿数の多いJTB・日本旅行でも楽天トラベル(747件)の半分ほど。また、パックは食事の付かない「素泊まりプラン限定」のプランもあるので要注意ですね。

とはいえ、新幹線パック限定のプランもたくさん用意されており、大手のホテル(人気のプラン)は大体予約できます。使い分けも大切ですね。

一部の会社は座席番号まで指定できない

新幹線パック-座席指定ができない
出典:JR東海ツアーズ・びゅうトラベル

現状、JR東海ツアーズびゅうトラベルは、新幹線の席を番号まで指定できません。

不安な方は、下記の会社で予約するのがお勧めです。出発日1ヶ月以内に限りますが、座席番号まで指定して予約できます。

予約会社座席指定
JTB
(パック)
東武トップツアーズ
日本旅行
(パック)
近畿日本ツーリスト
(パック)
JR東海ツアーズ
(パック)
びゅうトラベル
(パック)
大阪府全域で絞り込んだ例

予約画面はこのような感じです。

座席番号まで指定可
JTB-座席指定

4社はとても安く、特には掲載ホテルも多くておすすめです。

公式サイト:東武トップツアーズ

事前予約が必須、締め切りは出発前日の夜まで

J R東海ツアーズのダイレクトパック

新幹線パックは基本的に事前予約制です。締め切りの時間に気をつけましょう。

会社予約の締め切り時間
JTB出発前日の23時49分まで
日本旅行出発前日の16:00まで
近畿日本ツーリスト列車出発時刻の2時間前まで
【Go To トラベルの対象期間中(現在)は出発4日前まで】
JR東海ツアーズ出発前日の22:00まで
びゅうトラベル出発当日まで可能
東武トップツアーズ出発2日前の23時00分まで
HIS出発前日の23時49分まで
楽天トラベル出発前日の16:00まで
じゃらん出発前日の16:00まで
各社の予約締め切り時間

一部プランは、上記の時間に該当しない場合があります。

選べるのは指定席のみ、自由席はなし

新幹線の席

新幹線パックは基本的に「自由席」がありません。選べるのは事前に座る席が決まる「指定席」のみです。

自由席と違い、確実に座れますが、乗る列車(時間)も固定で決まるので、急なスケジュールの変更に柔軟に対応できないデメリットもあります。気をつけましょう。

グリーン車は予約できるの?

JRきっぷと同じように別途料金を支払うことで、座席が少し豪華になるグリーン車が選べます。

プランによっては、乗り遅れで即キャンセル扱いに

新幹線

通常、新幹線に乗り遅れた時は手続きなしで後続の自由席(のぞみ・ひかり・こだま)へ乗れますが、新幹線パックは、プラン毎に他列車への乗車可否が設定されてます。

列車に乗り遅れた場合の利用条件はプランにより異なります。
予約詳細・確認画面よりご予約頂いた切符の条件をご確認下さい。

JTB:列車に乗り遅れた場合

他列車へ乗れないプランは、乗り遅れた時点で即キャンセル扱いになるので気をつけましょう。基本、返金もないです。予約完了後は、必ず予約会社のマイページで内容を確認しましょう。

乗れるプランは、乗車票に下記のような記載があります。逆に乗れないプランは、

新幹線-乗車票の見本
出典:日本旅行

「指定列車以外に乗車の場合は、乗車券・特急券が別途必要です」という記載があります。無記載の場合は、1度旅行会社へ問い合わせてみましょう。乗れる可能性があります。

会社によっては、あまり安くない

ダイナミックレールパック-びゅうトラベル

新幹線パックは、下記のように確かに安いのですが…

東京〜大阪の往復きっぷ+駅前ホテルに1泊2日した例(平日:素泊まり)

予約会社新幹線代宿代合計
楽天トラベル
(個別予約)
29,940円6,000円35,940円
じゃらん
(個別予約)
29,940円7,500円37,440円
一休.com
(個別予約)
29,940円6,745円36,685円
JTB
(パック)
全てプランに含む28,300円
東武トップツアーズ
(パック)
全てプランに含む28,300円
日本旅行
(パック)
全てプランに含む29,100円
近畿日本ツーリスト
(パック)
全てプランに含む31,200円
JR東海ツアーズ
(パック)
全てプランに含む28,300円
びゅうトラベル
(パック)
全てプランに含む35,100円
新大阪駅前の「プラザオーサカ」に1泊した例

会社間でかなり差があるので要注意です。

楽天トラベルじゃらん等の大手旅行サイトは大型セールもあるので、よく比べましょう。

予約時の注意点

旅行の料金
出典:JR東海ツアーズ

新幹線パックのメリットで伝えましたが、パックは出発日の6ヶ月前から予約でき、予約サイトでも料金が表示されます。しかし、

1ヶ月以上先の予約で掲示される料金は「確定料金」ではなく、あくまで「このくらいの料金になりそうです」という目安なので気をつけましょう。

実際に料金が確定(新幹線の手配が完了)するのは、出発日、1ヶ月前の午前10時以降です。

例:8月1日に10月15日出発の旅行を予約した場合:料金の確定は9月15日以降に

予約が完了すると、メールで実際の料金が通知されます。

料金が上がっている可能性とキャンセルについて

現在のパックは「価格変動型ツアー」と呼ばれ、空室・空席レベルで料金が変わります

新幹線パックは価格変動する

予約者が多いと値段は上がり、少ないと下がるわけですね。そのため、確定時には自分が予約した時よりも料金が上がっている可能性があります。

自分の納得しない料金だった場合は、キャンセル料がかかる前にキャンセルを検討しましょう(発生が早い会社は、出発の20日前から発生します)。

本記事の注意点

本記事の掲載料金・ホテル件数などは、あくまで筆者が執筆時に体験した内容であり、読者の方が同じ結果になるとは限りません。旅行は時期によって内容が変わります。ひとつの参考程度に納めて頂ければ幸いです。

目次