東京〜名古屋の車移動はきついの?実際の感想と安く済ませるコツ|所用時間・ガソリン代・高速料金・新幹線との比較など

東京から名古屋の車移動-高速

東京〜名古屋は新幹線と車、どっちで移動するべきか。

もちろん人数にもよりますが、車の所用時間・ガソリン代・高速料金を見て決めたい方は多いはず。

先日、初めて東京〜名古屋を車で往復してきたので、その感想と新幹線との比較をまとめようと思います。

安く済ませるコツも解説するので、参考にどうぞ。

目次

新幹線と車はどっちが良い?|比較表

本文の前に新幹線と車を比較して一覧表にしました

移動手段人数往復でかかる料金片道の所用時間
1人〜7人15,000円〜1,9000円約5時間
新幹線1人22,600円こだま:2時間36分
ひかり:1時間47分
のぞみ:1時間36分
【指定席】
2人45,200円
3人67,800円
4人90,400円
新幹線は1歳〜6歳未満が無料。6歳~12歳未満は半額です。

車はガソリン代・高速料金を合わせて2万円以内で往復できますが、片道5時間かかります。日帰りは無理ですね。一方、

新幹線

新幹線は人数が多いほどお金がかかりますが、片道2時間ほどで着きます

双方にメリットありですが、新幹線で行くなら下記の方法で切符を購入すると20%〜30%OFFで乗れるので、参考にどうぞ。

ここからは車で移動する際の主要なルート・所要時間・高速料金の解説です。

車のルートは大きく2つ|東名or中央自動車道

東京から名古屋を車で移動

東京〜名古屋間の高速道路は、下記のように大きく2つに分かれますが、80%以上の方は青線の東名・新東名高速道路(346km)を選びます。

残りの15%〜20%の方は、長野方面を経由する中央自動車道(上の灰色線)を通りますが、距離が371kmとやや長く、山中を登っていくためガソリンの消費が激しいです。名古屋→東京への帰りで通りましたが、道中はカーブも多かったですね。

長時間の運転は疲れやすいので、個人的にはおすすめしません。

工事・事故で渋滞になっていない限り、東名・新東名高速道路を選ぶと良いでしょう。

所用時間は約4時間30分。休憩を加味すると5時間〜6時間

東京から名古屋を車で移動-休憩

いずれのルートを通ったとしても、所用時間は約4.5時間です(時速80km〜90km)。

渋滞や休憩時間を加味すると、5時間〜6時間と見積もって良いでしょう。筆者は渋滞にひっかかり、6時間かかりました。

高速料金は、約14,000円(往復)

東京から名古屋を車で移動

東京IC → 名古屋ICの高速料金は、下記の通り。

基本は片道で7,320円、往復で14,640円ですね。深夜・休日割引が適用されると、30%ほど安くなります。

通行方法片道往復
一般料金7,320円14,640円
ETC料金7,320円14,640円
深夜割引(0時〜4時)5,120円10,240円
休日割引
(土曜日・日曜日・祝日:一部除く)
5,400円10,800円

ガソリン代は、約5,000円(往復)

東京から名古屋を車で移動

ガソリン代は、平均的なガソリン価格・車の燃費の場合、片道2,674円、往復で5,348円かかります。およそ4,500円〜6,000円(往復)かかると思って良いでしょう。

なお、ガソリン代の算出方法は下記の通りです。

ガソリン代=ガソリン価格×走行距離÷車の燃費
ガソリン価格170/L(愛知県の平均=167 東京都の平均=170:執筆時)
走行距離346km(東名・新東名高速)
車の燃費22km/L(全国の平均値を採用)

3人以上は車、日帰りや2人までなら新幹線がおすすめ

足柄サービスエリアのレストラン
足柄サービスエリアのレストラン

車だと往復10時間はかかるので、日帰りはやめた方が良いですね。車の運転に慣れていない初心者の方も運転者が1人なら、無理せず新幹線での移動をおすすめします。

ひかり・のぞみに乗れば、片道1時間40分で着きます。

なお、こちらの方法で新幹線を予約すると、車の移動料金に近づきます。参考にどうぞ。

目次